浮気調査をして良かった?それとも後悔した?

浮気調査は、浮気の実態を調べることで、不貞行為を立証する証拠を集めることが目的です。

 

たとえば、「恋人が浮気をしているかもしれないので浮気調査をしたい」と思った時、探偵または興信所へ浮気調査を依頼することができますが、浮気調査の後のことも調査をする前に決めておかないといけません。

 

浮気調査を依頼する人の多くが、浮気をしていることを立証する証拠が手に入れることができたら、離婚を考えています。

浮気調査でわかることとは

 

でも、離婚の準備ができていないと、浮気調査をしてもらっても、その後の離婚手続きで失敗してしまい、離婚という結果を選んだことに後悔してしまう人もいます。

 

浮気をされたから離婚をする。恋人や夫婦に裏切られたのですから、そう考えるのは当然のことです。

しかし、浮気をされたが離婚を望んでいないという人も浮気調査をすることがあります。

こうした、離婚を望んでいない人が浮気調査をする場合には、離婚を目的として浮気の証拠を集めるのではなく、「2度と浮気をさせないために浮気の証拠が必要」という場合もあります。

 

浮気をされた結果、離婚をするにしても、関係の修復をするにしても、浮気の証拠をいかに使うかが重要になります。